内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは、「いつ(確定日付)、誰が、どんな内容で、誰に出したかということ」を郵便局(郵便事業株式会社 以下郵便局という)が公的に証明してくれる手紙(郵便)で、証拠としてはとても役に立つものです
ただし、その手紙の記載内容が正しいかどうかを証明してくれるものではありません。

債権・売掛金の回収

どのような効果があるの?

内容証明郵便は、郵便局が手紙の内容を証明してくれるだけなので法的な強制力がありません。しかし、相手に心理的なプレッシャーを与えることができ、自分の本気度を相手に伝えることができるのです。
「私は、これだけ本気なのだから○○に対しこうして欲しい」などの要求を十分に伝えることができます。また、内容証明郵便に法律家の名前と職印があれば相手が受けるプレッシャーはさらに倍増することでしょう。
他にも、証拠力や確定日付を得るという効果があります。


どういうときに使われるの?

トラブルなどで相手に強い意志を伝えたい場合や、債権の回収などに使われることが多いです。

【例】

 ・賃金の返還請求   ・売上代金の支払請求
 ・家賃値上げの通知  ・敷金の返還請求
 ・協議離婚申し入れ  ・認知の請求
 ・交通事故に関する慰謝料請求
 ・セクハラに関する慰謝料請求
 ・株主総会招集請求  ・解雇通知    など


内容証明郵便について具体的な文面は、基本的には自分の思うことを書けばいいのですが、相手に対して脅迫や恐喝又は名誉棄損等にならないよう注意しなければいけません。

債権・売掛金の回収


内容証明郵便は必ずしも効果がでるとは限りません。

なぜならば、送られた相手方は受け取り拒否することもできますので、内容を見ずに無視できることもできてしまいます。


そのようなときは支払督促などの法的手段を利用した方がよいケースもあります。

また、内容証明郵便は相手とこれから私は戦います!といった書類です。その後の相手とうまく付き合っていくことは困難になります。したがって話し合いで解決できることを望みます。

債権・売掛金の回収


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

債権・売掛金の回収